スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保活!?保育園選び、申込み、選考などなど。

このブログでは幼稚園の事が主になっていますが、保育園と幼稚園との大きな違いの一つが、入園の申し込みの仕方です。

幼稚園は「ここの幼稚園に入りたい!」と申し込めば、だいたい入れたりするものですが
(超人気の所は願書に並んだり、ツテがないとダメだったり、試験みたいなものがあったりするんでしょうけどね…)

保育園に関しては「ここの園が素敵だからここに入りたい!」と言っても、
選考に落ちてしまったら入れない、というケースが多い訳です。
「特色なんてともかく、入れるならどこでもいいわ!」という方もいらっしゃるかもしれません。
そう考えると大変ですよね…

でも、TV等では「保育園に入れない!待機児童になった!」とおっしゃっているママさんをよく見るのですが、
私の周りでは、入りたかったのに入れなかった、という友人はあんまりいないんです。
東京23区とか、激戦区はやっぱり厳しいのかもしれませんが…
皆、入園するためにちょっと工夫をしたりしているので、その効果なんですかね。

私は出産の際に退職しているので、
「育休が明けるから、どうしても入らなければいけない!」という切羽詰まった状況ではなかったのですが、
「もし保育園に入れたら、また仕事始めようかな。」という位の感じだったのに入れました。
つまりは仕事があって、無認可や一時保育に預けながら働いて点数を稼いだ訳ではなく、
求職中の状態で枠を取れた訳です。
TVで待機児童云々という話を毎日のように聞くのに、意外な結果でした。


なので、私の話や友人の体験談をここでは時系列を追って書いていこうと思います。

<10月>
保育園の見学。とはいえ上位の希望園は子育て支援をしていたり、一時保育で預けたりと馴染みのある園ばかり書いたので、改まって見学というスタイルは取らず。
下位の保育園はあまり時間もなくホームページ等で確認するだけになってしまいました。

<11月>
入園の申し込みが始まる。
自治体のホームページから書類をダウンロードして郵送。
私の住む自治体は第7希望まで希望園を書けたので、一応全部埋めました。
上位は小学校就学前まで在園できる保育園。
下位は幼稚園入園前まで在園できる地域型保育施設です。
うちは、上の子が既に幼稚園に通っていたため、下の子もいずれは幼稚園に、と思っていたので、
就園前までの保育しか希望していませんでした。
でも漠然と、大きい保育園のほうがちゃんとしていそうだな~と思い、上位には大きい保育園を書きました。

ちなみに、激戦区に住む友人はかなり吟味したので、3つくらいしか書かなかったらしいのですが、落ちてしまいました。
もちろん環境は大事なんですが、選びすぎると厳しくなるのかもしれません。

申込書には審査の基準となる点数の条件が書いてあり、

・親(おじいちゃんおばあちゃん)が近くにいない
・会社に籍がある状態で勤務時間が長い人(ママだけではなく、パパのお仕事も関係します)
・家庭の事情でどうしても働かなくてはならない状況にある人

などは結構点数が高くなっています。
上にきょうだいがいる場合も高くはないですが、点数が加算されますね。

<2月>
選考結果の通知が来る。
私は第1~4希望に落ち、第5希望の地域型保育施設に入園が決まりました。
我が家のように転園を前提としていない場合、途中で環境が変わるのに抵抗がある方も多いようで、
申し込みも少なめだったようで…。

そこから、慌てて職探し、そして保育園準備です。
保育施設に在園できる条件(自治体によるとは思いますが、最低月に何時間、1日何時間労働すること、など条件があります)
に合った仕事で、子供の事を理解してくれる仕事をじゃないといけないので、探すのに苦労しました。
とりあえず就活の話はまた別記事で…

ちなみに同じ自治体に住む正社員の友人達は、地域型保育施設だと延長保育の時間が短く、
土曜休所のところが多いため、休日出勤に対応できない、とのことで普通の保育園のみ申込みしていましたが、
ちゃんと通りました。
やはり正社員だと強いというのもあるでしょうが、一人目は車通勤のため、駅から遠くアクセスの悪い園を選んでいました。
電車通勤の人には敬遠されていた園なのかもしれません。
二人目は「親の出番が多く、厳しい」というちょっとネガティブな噂もあった園をチョイスしたのですが、
彼女は実際にちゃんと見学した上で
「親の出番が多いということは、仕事をしていてもちゃんと育児に参加できるようにしてあるという意味だし、
厳しさも愛情だよね。見学したらとてもいい園だったよ。」
とその園の良さを納得した上で申し込みをし、通っていました。

<3月>
入園の説明会。
ここで初めて先生方との顔合わせがありました。
先程少し説明しましたが、「地域型保育施設」とはどういう感じかというと、
大きな保育園と違って、少人数で、何歳児クラス、というクラス分けがなく、
なんとなくアットホームな感じです。
園によると思いますが、保育士さんの資格がない方もお仕事されていました。
でもちゃんと研修等は受けていらっしゃるし、何よりご自身のお子さんを育ててきた
ベテランママさんが多かったので、個人的に資格の有無については何も心配しませんでした。

そして仕事も決まり。
上司になる方もママさんなので(もうお子さんは大きいですが)
子供を育てながら働く大変さをわかってくださって、採用して頂きました。

<4月>
祝!入園!
なんだかんだバタバタ決まった保育園&仕事ですが、子供もすぐに慣れ、元気に通ってくれました。


我が家は4月入園で入ったので、こんなスケジュールでした。
育休などで、復帰時期が決まっている方は枠が狭く、こうはいかないかもしれませんが、
4月入園を選べるならば、一斉に枠が空くので、入りやすいと思います。

そして、うちの子は1歳児枠で入ったのですが、一般的には年齢が上がるほど入りにくくなるようですよね。
3年育休を取れる企業も結構あるみたいで、そうなると2歳児クラスから入れる方もいて、
2歳は結構激戦かもしれませんね。
3歳児になると幼稚園という選択肢も入ってくるので、そこでまた枠が空くことはあるようですが…

幼稚園の記事に書いているのですが、我が子の通う幼稚園の預かりもかなり充実しており、
仕事をしているママさんも結構多くなってきています。
なので、多少時間の融通の利くお仕事をされているママさんには、
地域型保育施設や幼稚園に入れて働くのもいいんじゃないかな、と思います。

園によると思いますが、うちの子の通っていた保育施設は庭もなく、結構狭かったですが、
その分先生の目も行き届いていたし、公園に出掛けて外遊びもしたし、
クラス分けがない分、上の子に遊んでもらったり、下の子の面倒を見たりして和気あいあいとしていたし、
何より先生方にたっぷり愛情を注いでもらったので、ここに入れて良かったなぁ、と思います(^^)

うちの場合は「ゆる保活」だったので、あまり参考にはならないかもしれませんが、
いろいろと視野と選択肢を広げるのが成功の秘訣かもしれませんね(^^)

これから保活に臨むママさん、頑張ってくださいね!



スポンサーサイト

テーマ : 入園・入学準備
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にこわくママ

Author:にこわくママ
こんにちは!小学生と幼稚園児のママをしています☆
私自身、長子を幼稚園入園させる時に情報が少なくて困ったので、このブログで体験談を書いて、少しでも入園準備をしているママのお役に立てたら…と思っています♪

カテゴリ
検索フォーム
ブログランキング
ランキング参加中☆よろしくお願いします!
最新記事
来てくださった皆様
ご訪問ありがとう!
最新コメント
☆おすすめ☆
タカラトミーモール「入園入学グッズ特集!!」 【ミキハウス】入園入学特集 ベルメゾンネット ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。