スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強と宿題。どのくらいやるの?

小学校生活の柱である勉強。
自分が小学生の頃、どんな勉強をしていたか?なんてすっかり忘れてしまいましたが(笑)
今の状態を見る限り、あまり変わっていないように思います。

とりあえず、うちの学校の1年生は月~金オール5時間。
帰宅するのはだいたい15時くらいでしょうか。

昔あった理科と社会は統合され、生活科になっています。
学年が上がるとまた理科と社会それぞれ習うみたいですが…

時間割は国語と算数が圧倒的に多いです。あとは体育も意外とありますね。
国語は毎日。まぁ、何の勉強をするにも読解力が基本ですもんね。

テストも1単元が終わるごとにやっているようで、たまに持ち帰ってきます。
意外と長い文章問題なんかもやっていて、「もうこんなことやってるんだ!?」と成長を感じますね。


で、宿題がちょっと昔と違うんです。
我が子の学校は…というかたぶんいろんな人に聞いた結果、今の世の中のスタンダードなんでしょうが、
親が丸をつけることになっています。
これ、1年生だからすぐ終わっちゃいますけど、高学年になったら親も頭を回転させないといけないですね…(笑)
でも、先生も余裕がないのが見ていてわかるので、それくらいはやらないとね~と思います。
本当に大変そうです、先生。毎日お疲れ様です…


量としては、プリント1枚と、教科書の本読み。プラス足し算引き算練習帳みたいな物が出たり出なかったり。
プリントは国語だけ、算数だけ、ミックスしたもの…などなどいろいろですが、
だいたいプリントのみで言うと10分くらいで終わるんじゃないでしょうか。
学童とか、習い事とか、みんな忙しいですもんね。

あくまで我が子の学校の話ですけどね。もっと多いところは多いのかしら…

ちなみに授業参観に行ったら、授業が意外と早くて、はい次、次、と進んでいるので、
わからないままスルーしないように、家で親が宿題のつまづきなどから判断して
苦手な箇所をフォローするのも大事かな~と思いました。


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 入園・入学準備
ジャンル : 育児

学童ってどんなところ?

働くママさんの強い味方、学童。

地域にもよると思うのですが、今や働くママが増加して
なかなか入れない…というところもあるようですね。

うちの子が通う小学校の学童も人数が増えすぎてしまい、
去年もう一つ学童ができました。

私は長子が小学校入学前から夕方までの仕事をしていたので、
入学前の12月くらいに学童を申し込みました。

で、入学してからしばらくは学童に通っていたのですが、
すぐに辞めてしまったので、そこまで詳しいことはわからないのですが、
わかる範囲で書いていこうと思います。


【学童にかかる費用】
これは地域や運営主体によって本当に差があるようです。
私の住んでいる自治体は一律1万円/月で、
それにおやつ代3千円がプラスです。
運営を民間に委託しているからなのかわかりませんが、
実家の方の友達に言ったら「高すぎ!!」と驚かれました。
地元は5千円くらいだそうで、
夏休みだけなら2千円…というような期間限定の使い方もできるそうです。
本格的に働いている方は良いですが、
結構持って行かれますね…
今は民営の学童も増えていますが、
内容も充実している分結構金額がお高めみたいですね。


【学童の時間】
うちが通っていた学童は、朝の預かりはありません。
夜は基本的に18時までで、延長の申請をすれば19時まで。
18時以降は延長料金がかかりますが、そんなに高い値段ではありません。

そして朝ですが、朝は預かりがないので皆さん苦労しているようです。
自由に投稿できる小学校であれば早めに学校に行けば良い話なのですが、
私が住んでいる自治体の小学校は登校班を組んで登校しているので、
勝手に1人で学校に行く訳にはいかないのです。
安全といえば安全なんですが、お仕事がある方には結構大変で…

ご夫婦どちらか遅く出ても大丈夫な方がお子さんを見送るとか、
1人でカギを閉めて投稿してもらう、とか
近所の同じ登校班のママに何分かお願いするとか…
遅出にしてもらった、という話もよく聞きます。

保育園や幼稚園の朝の預かりは比較的長い時間やってくれたのに…
これが小1の壁ってやつですね。


【学童での過ごし方】
子供が行っていた学童は、
学校がある日は宿題→おやつ→自由遊びという流れで、
夏休み等の長期休みは
宿題→自由遊び→お弁当→自由→おやつ→自由
という感じで過ごしていました。

宿題をやる時間をちゃんと取ってくれていたので、
親は帰宅後丸を付けるだけでした(^^)

長期休みは時間が有り余っているので、
家からマンガやゲーム機以外のおもちゃを持ってきてOK、
なんてルールもありましたね。
(これも学童によると思いますが)

あとは、長期休みに1回映画に連れて行ってくれたり、
ちょっとしたお出掛けをすることもありました。

うちの子はあまり外遊びが好きではないので、
お絵描きしたり、本を読んだりしていましたが、
学童の庭で一輪車や鬼ごっこする子、
小学校の庭に移動して(うちの小学校は隣接しているので)
学童じゃない子と鉄棒やタイヤ跳びしたりして遊んでいる子もいました。


【学童の指導員さん】
学童に入るまで、指導員さん=先生みたいなものだと思っていたのですが、
そうではなくて一緒に活動する「遊び相手」でありつつ、
危ないことや心配事は気にかけてくれる「見守る大人」という感じに見えました。
子供達が主体的に動いているのに合わせてくれるというか。
良く言えば「話しやすい、フレンドリー」ですが
「先生ほど威厳がない」感じでもあるかも。
これもその学童によるんでしょうけどね。



【学童ママとのつきあい】
普段は送り迎えが一緒になるママと顔を合わせるくらいですが…
うちの子が行っていた学童は一人一役の役員があって、
バーベキューとかバザーとかいろんなイベントのお手伝いをしていました。
私はそれをやる前に辞めてしまったのですが、
「仕事で大変なのに、役員やらせないで~!」
と文句言ってるママさんと
「他のママさんと仲良くなれる機会がなかなかないから楽しい!」
と喜んでるママさんと両方いましたね。

こういう条件で学童を選べるならいいんですけど、
だいたい学区で入れる学童って限られてきますもんね。




…で、うちの子がなぜ学童を辞めたのか、という話ですが。
元々あまり人付き合いが上手な子ではないのですが、
幼稚園から学童に上がる子があまりいなかったので、
同じ保育園の子で固まってしまって全然仲間に入れず…
(出身幼稚園は自由遊び重視ではなくカッチリした雰囲気だったので余計…)
そして人数が多すぎて場所が狭いので、
元気いっぱいの子たちのワチャワチャした感じに巻き込まれ、
静かに過ごそうにも無理で…
「カラーが違った」ということですね。

無理して通わせていたら、学童どころか学校自体も嫌がり始めたので、
私が時短にして辞めさせてしまいました。

もちろん、うちの子が引っ込み思案だっただけで、
元気に遊べる子は問題ないんですけどね~。


先程、指導員さんのところで「あまり威厳がない」などと失礼な事を書きましたが^_^;
でも、子供が困っていた時期、たくさん相談に乗って頂き、
気にかけて頂きました。
なので、これから学童に入る子のママさん、
心配な事があったら指導員さんともよくコミュニケーションを取って、
楽しい学童ライフを送れるようにしてあげてくださいね!



関連記事

テーマ : 入園・入学準備
ジャンル : 育児

学用品の準備、ちょっと待った!!

お店に行くと、かわいい&かっこいい文房具やバッグがいっぱい売っていて、
「小学校になったらこういう物を持って行きたいな~♪」という夢を持っているお子さんも多いはず。

学用品に関しては「早めに買っておかないと売り切れちゃうかも!」と焦ってしまいがちですが、
学用品を買うのはちょっとストップ!です。
というのも、保育園、幼稚園と違って、持ち物については意外と決まりが厳しかったりするからです。

自治体によって違ったり、学校によって違ったり、いろいろみたいですが、私の住む場所の近隣の小学校は
どこも結構縛りがあるみたいです。

我が子の通う学校は
・鉛筆
・筆箱
・下敷き
・消しゴム

このあたりがキャラ物禁止、無地という決まりです。

正直「厳しすぎない~??」と思うのですが…(-_-;)
授業中気が散るからとか、他の子のが羨ましくなるから、とか色々な噂がありますが真偽のほどは謎です…

でも、サブバッグとか、上履き入れは柄が入っていようが絵が描かれていようがOK。
この線引きがよくわかりませんが…(笑)
しかし、こういう布の物も大きさに指定があったりします。
幼稚園と違って「手作りで!」なんて指定はされず、寸法もちょっと融通が利く感じでしたが、
(ワーママにとってはきつい注文ですもんね)
うちの場合、給食袋などはなかなか良い物が見つからず作ったので、しばらく眠っていたミシンが活躍しましたよ(^^)

そういう訳で、学用品を用意するのは、小学校の説明会が終わってからの方が良いと思われます。
(ちなみに我が子の学校は2月の上旬に説明会がありました)

あとは、PTAや子供会からプレゼントとして贈られるものがないかどうかも聞いておいた方が良いです。
うちの場合はかわいい防犯ブザーを買ったのに、どこかから防犯ブザーの贈り物が来て、
「防犯ブザーはそれをつけること」と言われてしまいました…
結構高かったんですけど、使われることなく眠っています…(涙)

もちろん、同じ小学校に通うお知り合いがいたら、その方に聞くのが一番なんですけどね^_^;

もし規定があったとしても、その枠の中で少しでもお子さんの気に入った物で揃えてあげられると、
楽しい小学校生活が送れると思うので、いろいろ工夫してみてくださいね♪

↓こんな風に色で工夫してみたりしても良いかも♪







クラリーノ スーパー軽量筆入れ<筆箱・ペンケース> 片面開き <女の子> 5カラー cx1-girl-ktu[Jitsu160628A]










クラリーノ スーパー軽量筆入れ<筆箱・ペンケース> 片面開き <男の子> 5カラー cx1-boy-ktu[Jitsu160628A]






関連記事

テーマ : 入園・入学準備
ジャンル : 育児

★おすすめ★
タカラトミーモール「入園入学グッズ特集!!」 ベルメゾンネット ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
プロフィール

にこわくママ

Author:にこわくママ
こんにちは!小学生と幼稚園児のママをしています☆
私自身、長子を幼稚園入園させる時に情報が少なくて困ったので、このブログで体験談を書いて、少しでも入園準備をしているママのお役に立てたら…と思っています♪
また、小学校入学と自分の仕事についても書いています。

カテゴリ
検索フォーム
ブログランキング
ランキング参加中☆よろしくお願いします!
最新記事
来てくださった皆様
ご訪問ありがとう!
最新コメント
ブログパーツ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。